sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2016年05月28日

ベランダ物語 鳩は二度ベルを鳴らす

鳩のことを調べた。

 その壱 一回に二個の卵を産み育てる

  
ふーん、うちのベランダ組は1個か...


朝、ちらと見て親鳥がいないので大丈夫かいと見に行ったら、2個に増えていた・・・

<朝>
tamagoga2.jpg

すぐに戻ってきたきりちゃん表情ひとつかえず抱卵再開した。
一夜明けて卵が増えたというのに、今日はちっとも源次郎くんが現われない。なんだろう、忘れちまったのかな、どこふらついてるんだろう、事故にでも遭ったかな、と人間はやきもきする。


 昔のことだけど、イワトビペンギンのドキュメンタリーを観た。
仲間と食糧調達に行ったお父さんペンギンが、帰りにトドだったかに襲われて怪我をし血を流しながら、待っている家族のもとへ戻ろうとヨタヨタと岩を登ってゆく。励ますようにかわりばんこに仲間が近寄ってくる。けれど、だんだんお父さんの動きは鈍くなり立ち止まって、目を閉じた。
 カメラマン大嫌いだ! 助けてやったっていいじゃないか! ちっこいペンギン一羽ぐらい助けたってなんのバランスが崩れるもんか! 
びーびー泣きながらテレビに向かって怒り狂った。画面に向かって作り手にあんなに怒った記憶は他にない。
いまだにイワトビペンギンを見るとあのお父さんの姿がよみがえって胸がいっぱいになる。

動物もののドキュメンタリーはね、一所懸命に生きている姿みると泣いちゃうから、あまりみたくない。
このあいだなんかタコが産卵を終えて、役目は終わったと静かに死を迎える姿に涙。
もうね故郷を目指す鮭に涙、産卵を終え命尽きて川に漂う姿に涙だもの。
それでいてスモークサーモンに舌なめずりしてるんだから、人間は情けない勝手なものと重々承知。生きている業(ごう)としかいえない。


お昼前に源次郎くん登場して抱卵担当する。
なのだが、落ち着かない子だ。何度もすぐ巣を離れる。
その隙に撮影。

卵の位置変えています。なんと、小さな巣材がささやかに増えています。この細い茎、葉っぱ、昨日は無かったもんね。ちょっと運んでいたか。で、朝よりも増えている。

<昼>
tamagoga2pm.jpg


源次郎くん帰ってきました。5cmぐらいの細い茎をくわえて手すりに降りるや小走りに巣に向かいます。
落ち着きが無いなんていってごめんなさい。巣材を集めていたんだね。

ganbarugen.jpg

でもさ、やっぱり巣を作ってから卵産んでもらおうね。



調べてみました。
 その弐 産卵後10日ぐらいは卵を置いて留守にすることがけっこうあるようだ

#######

それと、卵いただいちゃう?なんぞと不埒なことを言ってはいけない。

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」というのがあって、ひな、卵、親鳥の駆除は鳥獣保護法の対象になる。
駆除をするには捕獲しなければならない。捕獲は禁止されている。
捕獲するには役所に申請許可をとらないとならない。
こっそり野生の鳥獣に手を出すと、懲役一年以下という罰則があるのだ。

でも法律って解釈しだいで抜け穴だらけなんだな。
ある種の言葉遊びみたいだとも思った。

#######


おやすみなさい ベランダの親子たち




posted by そら猫@あやまろ工房 at 20:42| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

ベランダ物語 鳩卵を産む

つがいの鳩が朝早くから来て、ベランダで時間を過ごしてはお昼ごろに帰って行くということが続いていた。
なんとなく源次郎くんときりちゃんと呼ぶようになった。

一昨日はきりちゃんが夕方になっても帰らないから、泊まっていくかい?なんて言っていたら、朝になってもプランターに座っていたので「お泊りしたの〜」と明るく声をかけたのだが、、、

hato_kiri.jpg

7時前に源次郎くんがやって来てうろうろし、いつのまにか二羽ともどこかへ飛び去ったので、めだか水槽に水追加、餌やり植物水やりと、いつものベランダ作業を始めてふとプランターをのぞきこんだら卵!卵があるではないですか!


時刻8時半
hato_tamago2.jpg

親がいない、冷えちゃう、どうするどうする、と人間がうろたえたところでなにも役に立たない、なにも起こらない。
吹きっさらしのむき出し。
こんなんでいいのか?ペンギンが卵を産んだら飼育員さん大忙しだぞ、といったって飼育しているんじゃないし勝手に産んでったんだし、どうすればいいのさ。

ウズラの卵ぐらいの大きさだ。採って食べ…?そんな趣味はない! なにを考えているんだ。

あるがままになるがままに・・・Let it be...
え?今はLet it go ? 知るかそんなの。


10時頃に見たら、眉間に白差毛の源次郎くんが抱卵していた。

hato_gen.jpg

神妙にかしこまって微動だにしない。微笑ましい。

外出して夕方に帰って見たら、きりちゃんが交代していた。
居住まいが落ち着いていてなんとなくゆったりしているし、年上女房かもしれない。


抱卵交代すると、ベランダにあった枯葉をくわえて、とっとことっとこプランターに運んでみたり、なんか細い10cmくらいの茎みたいなのをくわえて文字通り飛んで帰ってきたりして、それなりに一所懸命な源次郎くんなんだけれど、彼の巣材集めする姿はそれしか見ていない。他意なく忘れてるだけなのかもしれない。

お前さん順序違うだろう、卵は巣を作ってから産むんじゃないのかい!😵 と突っ込みをいれたけれど、首を伸ばした後姿の丸っこい頭や背中のラインから見るに、まだ若い子のような気がする。


鳩の習性では、夕方から朝は雌が、昼間は雄が抱卵するそうだ。
そーっと様子をうかがうと、その通り交代しているから可愛いものだ。

だけど、初日朝の2時間あまりの保護者なし状態は、気になる。卵本体は大丈夫なのか。
彼らの本能はOKを出しているということなのか? 不思議がいっぱい。






posted by そら猫@あやまろ工房 at 22:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

ベランダ物語 鳩が朝来る

鳩のカップルが、朝6時から7時頃になるとベランダへやって来て、手すりから景色を眺めたり歩き回ったり、隅のプランターで寄り添ったり、のんびり過ごして昼前にはどこかへ去ってゆく。

hato2b.jpg

hato2a.jpg

おととしあたりからたまに飛んできていたように記憶している。
去年の春には三羽来た。一羽はちょっと小ぶりだったから親子連れで来たのかもしれない。
そのうち一羽だけで来たり、二羽で来たりしていたが頻繁ではなかった。

64c7d00e40d4469fb437338a08b6135c.jpg


餌は決してやらないのに、なにが気に入ったのかと思ったら、めだか水槽の水を飲んでいた。

わざわざ来てくれたんだから、お米とかなにか啄ばめるものをあげたくなるけれど我慢である。やれフン害だやれ餌をやるなといった貼紙がすぐに張り出されるのが目に見えている。

田舎に居た頃は近所のお宮の鳩に餌をやりにいった。庭に雀がやってくれば台所へいってお米をちょっとつかんできてばら撒いた。ちいさなお客さんにもおもてなしできたものだけど。
そういえばこのごろ雀をみかけなくなった。

そうか水が飲みたくて来ていたのかと納得した。
ところがそのうち大胆にも水浴びを始めた。これはさすがに困る。めだかが怯えて姿を見せなくなってしまった。
ここはやっぱりめだかのお家なわけでめだかを守らなければならないから、ほかしてあった網で水槽を覆って水浴禁止状態にした。

IMG_1680.jpg

脇には大胆に水浴はできないであろうバケツ水槽があるので、そちらで水は飲める。

あるときベランダの手すりに薄紫色した花冠がひとつのっていた。
見たことのない花で、どこからどうやってこんなところに、どこのだれが持ってきたものか。
IMG_1662.jpg
風にのってきたにしても、なんとちょうどよいところに落ち着いたものだろう。
どんな形であれ花の贈り物とはなんだかちょっと嬉しい。
去年はそんなことがあった。

今年は鳩は来ないのかなと外を眺めていたら来た。
そして毎朝来る。

大葉の種を蒔いたら翌日さっそくそのプランターの上を歩いて土をつついていた。あわてて網をかぶせた。
保護した大葉はカイワレダイコンみたいにわらわら伸び育ち、日々むんずとまとめて摘んでは食事の友としても、なお次から次と賑やかに育ってくる。味噌巻を作るまでの道は遠い。


鳩のカップルはベランダの隅の、土が入っただけの樽型プランターが気に入ったらしく並んでおさまって、めだかに餌をやる私をじっと見る。源次郎くんときりちゃんと呼んでいる。

hato2.jpg

ええ、「真田丸」観てますよ。あの二人の夫婦(?)漫才おもしろいんだ。
鳩の源次郎くんは眉間に白い差毛がある。

・・・鳩の眉間?眉?
どこにある・・・猫の肩・・・めだかの首・・・ペンギンの腰




posted by そら猫@あやまろ工房 at 01:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

マゼランペンギン

すみだ水族館にはマゼランペンギンがいる。

なにせスカイツリー脇の、天空の水族館でたいせつにされているから、みんな胸の羽は真っ白、黒々とした後姿はぴかぴかつやつやしている。
内装や照明の雰囲気もあいまって、ペンギンのシティーボーイといった風情だ。

magellanic_sumida_a.jpg

magellanic_sumida.jpg

マゼランペンギンは胸の黒い二本線が特徴。
同じフンボルトペンギン属のフンボルトペンギンとケープペンギンは黒い線は一本。
そしてケープペンギンは目の上の白いラインが幅広い。といった具合に見分けをつける。

だけどどこの子だったか、ケープペンギンなんだけど、黒模様がつながっていつのまにか二本線になっちゃった〜!!
という話があった。人生、じつにいろいろなことが起こるものだ。


ホースをくわえていたずらをしている子がいたので撮影したけれど、ここは完全LED照明になっているので光量が足りずシャッター速度が落ちてみなぶれてしまった。残念。
いたずらペンギンはかわいいぞ。


名物マゼランペンギン・ソフトクリーム
magellanic_ice.jpg
白と黒、というかグレー
おいしゅうございました  


そうそう、新江ノ島水族館にはペンギンべっこう飴があったっけ。
あそこにはフンボルトペンギンがいるんだ。
ペンギンべっこう飴
penguin_bekkohame.jpg



スカウトしてきたまぜーるくん 
まぜーるくん4.jpg

ちょっと苦みばしった左の白い眉がよろしい。 
ショップの棚から取り上げるとすぐに「きみはマゼランのまぜーるくんだ」と名前が決まった。


まぜーるくん5.jpg

別にマエストロ ロリン・マゼールに因んだ訳ではありませんが、まぜーるくんまぜーるくんといっていたら、なんとなくR.マゼールを聴きたくなって、聴いた。
、、、たまにはこういう刺激もいい、かな。。。



おじさんとマゼランペンギンのディンディンのお話


「おじさんのところへ行こう」
とディンディンが小さな体で一心に水をかき、泳いでいる姿を想像すると、それだけでもう涙が滲んでしまう。
なにを思いながら海を泳いでいるのかなぁ。なにも考えていないか。なにかに突き動かされてただ体が動くのか。
推定6歳ぐらいの男の子だそうだ。

マゼランペンギンは、体長68〜70cm、体重3.5〜4.9s
ペンギン目ペンギン科フンボルトペンギン属




posted by そら猫@あやまろ工房 at 20:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

めだか物語 わらわらの季節

朝、窓側の丸水槽で水草にのっかって「し」の字になっている子がいた。
めずらしい格好だから写真に撮ろうとよく見たら、卵を付けていた。

medaka_sanran.jpg

まわりの水草にもちらほら卵が付いていたが、時間がたつとほとんど白く濁ってしまった。


好い天気なのでベランダでプランターに大葉の種を蒔いていると、各水槽にめだか達がぷかぷか浮いてきた。

住人4匹かと思っていたところに12匹もいるではないか! 
他の水槽も、えらいにぎやかじゃありませんか 

おまえたちこんなにいたのかー! というのが正直な感想で、寒い時期をなんと上手にひっそりと身を潜め生き延びてきたのか、生きる知恵が具わっているんだねぇ すごいねぇ〜と頭をなでて褒めてやりたくなる。

覗くと、わーっと散った。
かれらの集会をじゃましないよう、しずかにしていよう。

大葉の種まきはおわった。育っておくれ。



以前クルツ君という子が、指先で頭を撫でさせてくれたものだ。
〈クルツ君〉
kruz.jpg






posted by そら猫@あやまろ工房 at 16:37| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

ねこの砂糖壷 修復完了

縞猫の砂糖壷。
コーヒー用にきび砂糖を入れてPCの作業台に常備している。

タオルを手にして脇を通り過ぎようとしたら、耳に引っ掛けて頭が落下、みごとに割れた。
neko_atama1.jpg


先方は忘れてしまっただろうが、もう何十年も前に甥っ子たちが贈ってくれたもので、一度落っことしてやはり頭が割れたけれど、軽傷だったのでちょいちょいっとアロンアルファ登場でしのいだ。
しかし、今回のこれは・・・

しばし呆然ののち、しかし、拾い集めたね。
かけらを指で弄っているうち、なんとかなるかと思ったね。
アロンアルファ登場。


どうだ!
neko_atama.jpg



復活! そう復活するのだ!  Aufersteh'n, ja aufersteh'n
fukkatsu.jpg


neko_satoutsubo.jpg

というわけで日々、これまでとかわりなくミルクと砂糖をたっぷりいれたコーヒーをいつもの手順でいつものように飲んでいる。
いつもとかわりないという幸福






おなじく不注意で落っことして割ったメダカどんぶりは、さすがに修復というわけにはいかなかったものでずっとグジグジ悔やんでいた。今はまぼろしの・・・
medakadon3.jpg



が、泳ぐメダカとお食事をする楽しさが忘れられず、めだかのどんぶりを探し続けていた。


みつけた。


medaka_don.jpg
外側に7尾。

medaka_don2.jpg
食べ終ると姿を現す子がいて、内側に3尾。

総勢10尾。かわいい。

めだか水槽を覗いてここには5尾いる、と思うとじつは6尾いる。
この水槽は7尾いるのか、いやもう1尾いた、みんなで8尾か。
というふうに、じつはもう1尾隠れているんだよという経験を重ねて“めだかの法則 プラス1いる”をみつけた。

このどんぶりの住人は10尾。









posted by そら猫@あやまろ工房 at 16:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

謹賀新年 2016

恒例の干支ペーパークラフトはサル。

saru.jpg

起上がりこぼしになっている。
七転び八起き か 七転八倒 か...
昔の人はなんでサルに申の字を当てたんだろうと疑問に思ったが、調べる気が起こらない。




medakadon3.jpg

師走にお気に入りのめだかどんぶりを割ってしまって気落ちしている。
もう製造中止なのだそうで、まぼろしのどんぶりとなった。




ことしは室内組からうちのめだか代表挨拶

めだか.jpg






体調不安定で去年の整理がつかなかった。
去年出合った 『ありがとう 君たちのおかげで元気がでたよ』を並べておこう。


伊勢・二見シーパラダイスのケープペンギン。
futami_pen.jpg

目が合ったら、カメラ撮るの?ねぇ撮るの?といった感じで寄って来て
futami_pen2.jpg

プールに飛び込みすいすい泳いで見せてくれたおもてなし上手な子。

futami_pen3.jpg

催促する子ペンギンにお食事をあげている一家。


二見浦の夫婦岩

futami_1.jpg

たて看板には

futami_3.jpg

futami_0.jpg


手水舎の水中をはじめ、カエルの置物があちらこちらにいっぱいあって、見回せばカエルだらけの状態には笑いが込みあげて来た。
すぐ近くには小さな洞窟があって天岩戸ということだ。
伊勢神宮とは異なる、民間からおのずと湧き上がった信仰のおおらかなユーモアを感じる場所で楽しかった。




掛川花鳥園のゴゴウ君に会ってきた。
kakegawa-gogou.jpg


ゴゴウくんは新聞配達するペンギンだったんだ。


でも大好きな職員さんがいなくなったら、配達しなくなったんだって。

しっぽの付け根のところに白い差毛があるんだよ。
2002年11月30日生まれだから、おなかと腰周りがゆったり貫禄のおじさんペンギンなわけ。
kakegawa-gogou2.jpg

もっとも若いころから食いしん坊ゴゴウ君て紹介されてたけどね。


掛川花鳥園のチゴハヤブサのアオちゃん
kakegawa-hayabusa-ao.jpg

リラックスするとお腹をペタンとつけたアヒル寝姿勢をとるそうです。



2010年6月12日、七年に亘った宇宙の旅を終え満身創痍で地球に帰還した小惑星探査機はやぶさ
最後に残ったはやぶさの使命は地球の大気圏へ突入しカプセルを投下すること。
みずからの身を滅して使命を完遂。
━━ダメだ ここでいつも涙が出てくる━━
hayabusa hinotori.jpg

はやぶさは火の鳥となり人々の記憶の中で永遠の命を得た


はやぶさが一路、故郷地球を目ざしていたころ
2010年5月21日、金星探査機あかつきはイカ坊連れて地球を旅立った。
イカ坊こと宇宙ヨット・イカロス君
ikaroskun1.png

ミッションはすでに完遂して、なにかやることあったら言ってね、と宇宙飛行を続けているが現在冬眠中。

あかつきくんは金星周回軌道に入れず雌伏5年、
2015年12月7日、ついに金星周回軌道に入った。
あかつきくんのツイート「きんせいちゃん!来たよ!」が微笑ましくていとおしくて。
craft_07 akatuki_kun.jpg
あかつきくんときんせいちゃん (C)JAXA



そして送ってきた金星の画像
venus12092015.jpg

ほんとに白いわ! なるほど太白星。


ラジオで「武田鉄矢今朝の三枚おろし」を聞くのを楽しみにしている。
ウィークデイ毎朝5分ほどなのでしょっちゅううっかり聞き忘れるが、ほどなくYou Tubeにまとまったのがあがるので重宝している。
話題が多岐にわたるし語りはさすがの面白さ。
笑い転げながら大いに啓蒙されるのだが、偏に当方の頭脳のメモリー不足のせいで、内容が、覚えられない。

そんな頭にでも残り続けている話がある。何故死ななければならないのかと葛藤したある特攻隊員がたどりついたのが宮沢賢治の「よだかの星」だったということ。


折にふれて思い出す水木しげるの作品中にあった言葉。
 未来が永遠なら過去も永遠だ




posted by そら猫@あやまろ工房 at 03:45| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

午後のうどんで勉強

お昼は五島うどんを食べた。
手延べで引っ張るから断面が丸い麺で、口当たりがやさしく、コシにはこだわりなしというか無くてかまわない「やわらか派」だから時間長めに茹でたが、「本体がしっかりしてますからね。崩れませんヨ」といったふうな余裕で程好い歯ごたえになり、あごだしスープと好く合って、おいしゅうございました。口福という感じで麺の後味が心地よく残っている。



medakadon2.jpg

ゴチソウサマデシタ

つゆの最後の一滴まで飲み干すと
六匹のメダカが出てくるどんぶりでいただいた
楽しいネ 



飛び魚が跳ねている絵の付いた「五島手延べうどん あごだしスープ」をスーパーで見つけ、あごだしってどんなもんだろう?と何となく買って、麺はあとからとりよせたものだ。お試しにというつもりだったから少量でも、ネコポスってメール便で届けてくれるお店があってありがたい。
ん〜、同じあごだしスープとはいえ微妙に違いがあって、麺に付いてきたスープよりはこちらが好みに合う。所詮はそれぞれの好みだものね。

手作り関西風うどんつゆにはまって、折りよく頂き物でおいしい乾麺のうどんが手に入り、蕎麦とはちょっと疎遠になっているほどだ。
あなどるなかれ信州産のうどんだった。普段選んでいる蕎麦と同メーカーだったから驚いた。
でも長野県って小麦粉消費量は日本トップクラスなんだね。
粉もの。あー、おやきとか、おやきとか、おや・・・?
 野沢菜のおやきのようなクレープが絶品です!  ってそれは白馬村のフランスのコミカド先生のセリフだからね。そんなクレープはない、はずだけど誰か作ってみたりしちゃってたりして

おやきはね、今じゃいろんなお店が扱ってるけど、結局小さい頃食べたじぶん家のが一番だなという結論だ。
まぁ諏訪SAの売店のは比較的おいしいと思った。

うどん用小麦粉消費量日本一は、香川県。(^0^)だよねー
讃岐うどんに合った品種改良をしたオーストラリア産を使っているとか。

北海道産小麦粉使用と謳っている某大メーカーの玉うどんが、味も素っ気もなくて驚いた。どうすればおいしく食べられるものか考えるから猶予を下さい、と冷凍庫に放りこんである。
んん〜、パンは北海道産の小麦粉がおいしく焼けるんだけど、パンとうどんは違うのか。
これから研究してみよう。


☆そうだ!!
五島うどんで30年間の勘違いが訂正された件

うどんは長崎県の五島からはるばるやってきたからね。
五島列島。

昔上海へフェリーで向かったとき、「今五島列島沖を通過しています」なんてアナウンスに「あー遣唐使のあとをたどるのだぁ〜」と感慨に浸ったものだ。初海外旅行だったもので。

思い出して、当時のノートを実に久しぶりに引っ張り出してみた。

1986年9月9日12時20分神戸港出港。

9月10日朝7時のメモ
北緯31゜
東経130゜24′
     ↖記憶さだかでない

左手に島影が見える五島列島?



緯度経度が書いてあったので日本地図を出してきて「うどん〜のォふるさとは〜」とながめたら、なんか、違う。
北緯31゜は九州本土南端の鹿児島県佐多岬だって…? 
地図上の北緯東経の数字をたどって謎に迫る、ちょっとJOKERの伊達さん気分よ 

北緯31゜ 東経130゜24′
えっと、大隅海峡を抜けて進行方向右手に佐多岬、すると左手に見える島は種子島屋久島などなど。

なんと鉄砲伝来、世界に誇るロケット発射基地、縄文杉のほうをとっとこ航海して行ったのかい? え!?

五島列島沖航行中のアナウンス、聞いた…はず。
いったい… 五島列島の名前どこからでてきた?
しっかり北緯東経の数字をメモしていたということは、こちらこそ船内放送があったという証だ。

間違った記憶をこれ大切と抱えてこれまで生きてきたのか!
脳が記憶の捏造をしたのか。いったいどこを漂って行ったのか。
ショックで頭の中が大混乱した。

 記憶にたよる証言の当てにならないことかくの如し


整理した結論

フェリーの航路から
・五島列島を左に遠望するには、瀬戸内海を通り関門海峡を抜け対馬海峡を進んで上海へ向かうことになる。その航路をとるのは大阪港発である。

・神戸港出港のフェリーは南下し紀伊水道を抜け、四国を右手に西南に向きを変え、大隅海峡を通り東シナ海へ出て上海へ向かう。

私は神戸から船に乗った。
そして
出港した日の午後の記録から〜

 海見ていて飽きない。
 潮目で色が変わる。
 波打ったり、つやつやと平らになったり。
 茶色になったり、ペイニーズ・グレー、
 灰色、銀紙を広げたように白く、黒く。
 陽光を受けた水平線は白く光る。

というわけで、この船旅では五島列島を見ていないことが判明。
九州本土南の大隅諸島、鉄砲伝来のほうの島影をポーッと見ていたのだ。

何故ならば、瀬戸内の航路を行ったのなら出港日の午後に、水平線は見えない


いまにしてわかったこと。
あの時見ていたのは太平洋だったのか… 
そうだよねぇ、なあんも視界の邪魔をするものがなかったもんね。
その昔屋久島には鑑真さんや吉備真備も立ち寄ったというか漂着したというし。遣唐使の足跡ってあちこちにあるのね。
そういえばフェリーの名は「鑑真号」だった。
マイルドセブン¥220の時代のこと。
今は「新鑑真号」になっている。

北緯31゜を、水陸かまわず西進すると、ニューデリー、カイロへも行ける。そのままどんどん行くとニューオーリンズだって。
地球を輪切りにすると面白いね。

午後のうどんでいろいろ勉強、でした。

教訓:記憶はあてにならない
 すごいショックなんだな、これが





posted by そら猫@あやまろ工房 at 02:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする