sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2018年05月05日

こどもの日だから鯉のぼり

こどもの日ということで、せめて鯉のぼりの絵を

まだ夜になると帰って来る若鳩が五羽いる。
四羽はうちのベランダ生まれだが、いつのまにかよその子が一羽増えていた。
外を飛び回っているうちお友達になって、一緒にここへ付いて来たのだろう。
うちの子はどこへ行ってしまったのかと、むこうの親御さんは心配しているのではないだろうか。
みな日に日に体は大きくなってきたが、目がバンビのようにクリッとしてあどけないので、若鳥とわかる。
横に一列に並んで寝る。まるで五人囃子だと笑った。正確には五羽囃子というべきか。


hiroshige-suidoubashi.jpg
歌川広重:名所江戸百景 水道橋駿河台




猫がいるときは小さな鯉のぼりを買ってきて飾って喜んだ。もちろんニコニコしていたのは人間だけで、猫さんたちは目を細めて「んーん? なにかおいしいものは出るのかね?」という顔をしていた。



kuniyoshi-hyakumonogatari.jpg
歌川國芳:金魚づくし 百ものがたり 


怪談の百物語の最後になったら本物の猫が現われ魚たちギョギョッとなる

kuniyoshi-kingyo-medaka.jpg
部分:黒いのはたぶんめだか  
江戸後期には緋めだかもすでにいたそうだがまだまだ貴重種だったことだろう




きょうは風流にすごすとしましょう

nekoyasakai2.jpg

猫の香炉 京都から来ました 

nekoyasakai.jpg
ねこやさかい さん

両耳から薫煙がのぼりたつ はずなのだが、今日日のお香はうっかりすると煙ひかえめになっていて、煙が見えない。煙が煙たがられる時代である。
味気ない世であることこの上ない。












posted by そら猫@あやまろ工房 at 19:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

いろ鳥どり 


ペーパークラフトで文鳥を作った。

shiro-buncho2.jpg shiro-buncho1.jpg

手乗り文鳥
tenori.jpg

出来上がって手に乗せてみると、白文鳥のチビと再会したような気持ちになって、この大きさというか、小ささ、掌をちょっと握ったなかに収まるこの感じだったなあと懐かしくうれしかった。


鳩のおなじみさんが今年も顔を出してくれることだし、ペーパークラフトで作りたいと探したが、これがない。
鳥類はいろいろでてくるものの、鳩となるとあまりにもありふれた存在すぎるのだろうか。


ペンギンはいくつも作ってある。
代表してキング・ペンギン

king_paper_2014.jpg


鳥のペーパー・クラフトを探していたら、文鳥が見つかったというわけ。

おや、もう一羽できた。桜文鳥登場。

buncho2.jpg



文鳥は 丸文堂さん
http://blog.livedoor.jp/marubundo/archives/555028.html

キングペンギンは 長崎ペンギン水族館
http://penguin-aqua.jp/archives/category/download/papercraft

毎年恒例の干支は キャノン・クリエイティブ・パーク
http://cp.c-ij.com/jp/categories/CAT-ST01-0072/index.html

で頂いている。


なに見てるの?
eto-ame.jpg

干支のキンタロー飴〜

とりづくし




posted by そら猫@あやまろ工房 at 06:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

マゼランペンギン

すみだ水族館にはマゼランペンギンがいる。

なにせスカイツリー脇の、天空の水族館でたいせつにされているから、みんな胸の羽は真っ白、黒々とした後姿はぴかぴかつやつやしている。
内装や照明の雰囲気もあいまって、ペンギンのシティーボーイといった風情だ。

magellanic_sumida_a.jpg

magellanic_sumida.jpg

マゼランペンギンは胸の黒い二本線が特徴。
同じフンボルトペンギン属のフンボルトペンギンとケープペンギンは黒い線は一本。
そしてケープペンギンは目の上の白いラインが幅広い。といった具合に見分けをつける。

だけどどこの子だったか、ケープペンギンなんだけど、黒模様がつながっていつのまにか二本線になっちゃった〜!!
という話があった。人生、じつにいろいろなことが起こるものだ。


ホースをくわえていたずらをしている子がいたので撮影したけれど、ここは完全LED照明になっているので光量が足りずシャッター速度が落ちてみなぶれてしまった。残念。
いたずらペンギンはかわいいぞ。


名物マゼランペンギン・ソフトクリーム
magellanic_ice.jpg
白と黒、というかグレー
おいしゅうございました  


そうそう、新江ノ島水族館にはペンギンべっこう飴があったっけ。
あそこにはフンボルトペンギンがいるんだ。
ペンギンべっこう飴
penguin_bekkohame.jpg



スカウトしてきたまぜーるくん 
まぜーるくん4.jpg

ちょっと苦みばしった左の白い眉がよろしい。 
ショップの棚から取り上げるとすぐに「きみはマゼランのまぜーるくんだ」と名前が決まった。


まぜーるくん5.jpg

別にマエストロ ロリン・マゼールに因んだ訳ではありませんが、まぜーるくんまぜーるくんといっていたら、なんとなくR.マゼールを聴きたくなって、聴いた。
、、、たまにはこういう刺激もいい、かな。。。



おじさんとマゼランペンギンのディンディンのお話


「おじさんのところへ行こう」
とディンディンが小さな体で一心に水をかき、泳いでいる姿を想像すると、それだけでもう涙が滲んでしまう。
なにを思いながら海を泳いでいるのかなぁ。なにも考えていないか。なにかに突き動かされてただ体が動くのか。
推定6歳ぐらいの男の子だそうだ。

マゼランペンギンは、体長68〜70cm、体重3.5〜4.9s
ペンギン目ペンギン科フンボルトペンギン属




posted by そら猫@あやまろ工房 at 20:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

めだか物語 わらわらの季節

朝、窓側の丸水槽で水草にのっかって「し」の字になっている子がいた。
めずらしい格好だから写真に撮ろうとよく見たら、卵を付けていた。

medaka_sanran.jpg

まわりの水草にもちらほら卵が付いていたが、時間がたつとほとんど白く濁ってしまった。


好い天気なのでベランダでプランターに大葉の種を蒔いていると、各水槽にめだか達がぷかぷか浮いてきた。

住人4匹かと思っていたところに12匹もいるではないか! 
他の水槽も、えらいにぎやかじゃありませんか 

おまえたちこんなにいたのかー! というのが正直な感想で、寒い時期をなんと上手にひっそりと身を潜め生き延びてきたのか、生きる知恵が具わっているんだねぇ すごいねぇ〜と頭をなでて褒めてやりたくなる。

覗くと、わーっと散った。
かれらの集会をじゃましないよう、しずかにしていよう。

大葉の種まきはおわった。育っておくれ。



以前クルツ君という子が、指先で頭を撫でさせてくれたものだ。
〈クルツ君〉
kruz.jpg






posted by そら猫@あやまろ工房 at 16:37| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

魚のエサになってシアワセを味わう

たまに行くお風呂屋さんに、細長い水槽が二つ増えていて、なかに黒い小さな魚がいっぱい居た。

皮膚の角質を食べてくれるドクター・フィッシュ こと ガラ・ルファ(学名:Garra rufa コイ亜科)

改修前のサンシャイン水族館で、ということはえらい昔になるが、展示してあって、こういう魚がいるんだ!としげしげ見つめたが手をいれる勇気がなかった。だってえらい元気よくワラワラワラって群れてくるんだよ。小さくたって群れはちょっとこわいじゃないか。同行の友人は手を入れたんだっけ?忘れた。


さて、水槽の一つにはめだかの成魚くらいの小ぶりな子たちがいて、もう一つにはふた周りくらい大きな子たちがいた。
見ている分には可愛い。
試してみようか、と水面を見つめること15分以上。
けれど案内板の写真にあるみたいに、わが足に黒い魚が群れた様子を想像すると、心の中は「勝手に想像して恐怖におののく“ぼのぼの”状態」になっていたのはたしか。
皮膚の角質を取り除いてくれる...? ものは言いよう。ありていに言えば、私がエサとして魚に食べられるっちゅうことだよ。

ちびちゃんたちはよくお仕事してくれました。(小さいほうを選んだ。大きいほうは正直おっかなかったから)
わが両の足にさっそく寄って来て、チュッチュチュッチュ。
むず痒いし彼らには歯がないはずなのに時たまチクッと痛かったりしたけれど、ちいさな胸鰭で体を支えながらチュッチュしている姿はいとおしい。
行かないで! と縋り付かれているような気分になった。
肌が荒れているなと気にしていたところへ、ちゃんと群れていた。
魚がムニムニ、チュクチュクする姿は不思議な光景で、ぼんやりみているうち、お試し10分終了。

お試し期間で10分500円だった。

足の裏ちょっとつるつるしたような...?
気のせいでもいいと思った。可愛い魚の一所懸命な姿をみたら、それだけでなんだか満足したんだ。
が、気のせいじゃない。
ガラ・ルファ君たちはお仕事をしてお腹を満たし、こちらはお肌がきれいになる。
いい相互関係ではないか。





これはめだかのどんぶり

medakadon2.jpg

めだかが泳いでいる

medakadon3.jpg


posted by そら猫@あやまろ工房 at 23:07| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする