sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2017年07月01日

べらんだ日和 父子鳩

うちのベランダで5月29日に生まれた鳩の、名づけてちび若丸が、初めてベランダから外界に飛び出した。


このところめだか水槽の縁から縁へ、連続移動、着地瞬間右ひねり反転飛行、おっと力及ばずお腹から水面にパシャン、など。練習していた。
手すりまで上がると、これから出てゆく世界をあちこち眺めていた。


3時ころそれまで抱卵していた父さんが、隣の手すりの方へ行くとチビがついて行った。
0701tobu2017.jpg


並んだと思ったら父さんは飛んでいってしまった。
0701tobu2_2017.jpg
ん? どこへ行った?


このあいだも手すりで並んだ。
でも父さんが『クッ』といって振り向くと、ちびはくるりと向きを変えてベランダの床に下りちゃったのだった。


トコトコトコ慣れた場所へ戻ろう。
0701tobu3_2017.jpg

でも何事にも時がある きょうは。。。

泣こかい 飛ぼかい 泣こよっか ひっ飛べ!

0701tobu5_2017.jpg

飛んだ 上にあがっていった

戻って来ると、続けて二度三度と飛んで上の階のベランダへと冒険したようだ。

父さんが戻ってきて離れた場所にいたので“飛んで”傍へ行ったよ。0701tobu4_2017.jpg


父さんは南のほうへ飛んで行った。
ついて行ってみたかったけど、ちび若としては今日はもう大冒険で疲れた。
胸をはって手すりを歩いて戻ってきた。途中右足を踏み外して、オットット バタバタバタ
おい・・・


ちび若丸の凱旋
0701ittekita2017.jpg






まだ幼綿羽がふわふわ残っているし、鳴き声はピーピー雛のままだし
外には危険がいっぱいで心配してしまうが、父さんがちゃんと見ていてくれる
0627chibi-gen2017.jpg












posted by そら猫@あやまろ工房 at 23:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック