sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2017年04月02日

人間はそんなにエライんか?


十代のころ、父に
「人間がいなくなったほうが地球全体の為にはいいことなんじゃない?」といったことがある。
父はしばらくの間黙っていたが
「お前のその考え方はもういっぺん考えなおしてみないか」と静かに答えた。

あれから何十年もたったが、私の頭の中ではずっと十代の問いが繰り返されるばかりだ。



狩人の矢先としらぬかの子哉  狩人に狙われているのを鹿の子は知らない
鹿の子や矢先もしらでどち狂ふ  鹿の子は矢で狙われているのも知らないではしゃいでいる
鹿ねらふ手を押へたる小てふ哉  鹿を狙っている狩人の手に胡蝶がとまった
小林一茶




  丹後国にて、(夫の)保昌あす狩せむといひける夜、鹿のなくをききてよめる

ことわりやいかでか鹿の鳴かざらむ今宵ばかりの命と思へば
  どうりで鹿がなくわけですね 今宵限りの命と思えばそれは啼きもしましょう
                                           和泉式部



callot_animal2.jpg

ジャック・カロ作


現在聴けるG.マーラーの交響曲第1番ニ長調は、4楽章仕立ての第三稿で、第二稿は2部に分かれた5楽章仕立てだった。各楽章に副題がついていて
第2部 人間喜劇
第4楽章 座礁、カロ風の葬送行進曲
カロとは銅版画家ジャック・カロのこと。上掲の画が元になっているというわけだ。
現行の演奏では第3楽章にあたる。副題はマーラー自身が第三稿でとりはずしている。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<青森県>ニホンジカ「全頭駆除」へ全力
河北新報 4/2(日) 15:00配信

青森県>ニホンジカ「全頭駆除」へ全力

 青森県は本年度、県内各地で急増するニホンジカ対策に全力を挙げる。1日当たりの捕獲数上限を撤廃し、事実上の「全頭駆除」を狙う。放置すれば急速に進む森林被害を食い止める構えだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



posted by そら猫@あやまろ工房 at 21:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック