sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2017年03月26日

べらんだ日和 ちょっと複雑


室内水槽のめだか。じっとしているところへ「おはよう」と声をかけると胸鰭を動かして尾を左右に振る。
水面へ浮いてきたので、そっと背中に触ってみた。

触らせてくれたぷくちゃん
buchi.jpg
指先に感じたちょっとぷよっとした固太りの触感に、めだかの背中!と感激。


*****



去年から昵懇になった鳩の源次郎の特徴は、全体が灰色主体の羽、翼の黒いライン二本と額の白い差し毛だ。

三月にはいって間もなく、おや源次郎が来ていると、手すりに居る鳩をよくよく見たら、体がすらりとして小さめにみえるし、なんとなく黒いラインが細い。いつのまにか換羽したのかなと思ったが、顔をみたら差し毛がなかったので、新来の鳩なのだとわかった。

kogen_march2017.jpg

灰色の背中に二本の黒ラインが同じなので、小源次郎と呼んだ。


ある日、似た格好の二羽が並んでいた。
kogen-g_march2017.jpg

お話中
koge-ge_march2017e.jpg


おや?
koge-ge_march2017.jpg



片割れは源次郎  おでこの差し毛ですぐに面が割れる
genjiro_march2017.jpg



サボテン鉢の上におみやげ  ゲンジロか なにしろここは彼の定まった通路 
tebukuro_march2017.jpg


手袋・・・ 前の遊水地で植栽の伐採やら整地やらしているから、作業員の持ってきちゃったのかな。
tebukuro_march2017b.jpg



おととしは贈り主謎の花冠がひとつ置いてあって、ちょっと風流を感じたものだが。
IMG_1662.jpg




左:源次郎  右:小源次郎
koge-ge_march2017f.jpg



源次郎、樽型プランターに入り込み土くれをつつく。 巣の仕度?
gen_03242017.jpg
座り込んでグーグーと鳴き続ける。
離れた所できょろきょろ周りを見ている小源次郎にしきりに声をかけているようでもある。



二羽で入ってみる
koge_ge_03242017.jpg





夫婦仲良く一生添い遂げることを麗しく譬えて“鴛鴦の契り”とはいいますが、鳩の世界はまた別なのでありましょう。

ペンギン界でも、相手を替えず仲良く一生添い遂げる鳥ですといわれるけれど、そーでもないとはよく聞く話。
shin_eno_pen.jpg
 新江ノ島水族館のフンボルトペンギン 本文の内容とは関係ありません 




*****



というわけであたらしいカップルがベランダに飛来することとなった。


koge_03242017.jpg
どことなく楚々としたたたずまい。
華奢で動きがまだ若々しく可愛らしい。



gen.jpg源次郎よ
鳩の記憶回路はどうなっているか知らないが、人間には山のように溜めこんだ記憶があってな、しかもそこにはさまざまな感情がからんでおる。それを思い出と言っておるのだよ。
きりちゃん、もうこないのかな・・・ 


小源次郎と呼んでいたが女の子だったわけで、でもいまさら春ちゃんと呼ぶのもねえ、火箸逆手に持ってかまえたり、障子にポコポコ穴を開けるいさましい雰囲気はないし・・・

小春ちゃんにしよう。そうしよう 
kogen_03242017.jpg








posted by そら猫@あやまろ工房 at 11:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック