sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2017年01月28日

春遠からじ

寒い。
でも雪は降らない。
ぼーっと降る雪積もる雪をながめたいのだが。
いつでも籠城できるように食糧は蓄えてある。

とかくひとはないものねだりをする。
豪雪地に住んでいたらこんなのんきなことは言わない。雪で人は死ぬ。


寒いね。
toumin_chu.jpg
バケツの底に冬眠中の“ベランダめだか越冬隊白バケツ班”の姿が見えた。
底に堆積した水藻にもぐっている。
ふわふわベッドだからお腹に傷のつくこともないだろう。


11月ころに生まれた稚魚で、ベランダの水槽にいた子達を室内水槽に避難させた。
大人たちは水底に潜っているが、脇のプラスチックケースに隔離したのち成長がはかどらなかった稚魚は、深く潜れず、冷たい水面近くにいることとなる。
ずっと水草に姿を隠していたのが、珍しく水面近くをけなげに漂っているのを見たら、寒かろうにと室内にいれた。

chibi-sotosodachi.jpg
頭部のふっくらしたところが2.5mmぐらい。2尾いる。

こちらは室内水槽生まれの子。
chibi-naka.jpg

ベランダ育ちよりちょっと色白だ。
頭部からのふっくらが4oぐらい。おなじころ生まれた仲間がほかに3尾いたのだが、残ったのはこの子だけ。
室内だから無事生きながらえられるというわけではない。

外の方が太陽光を浴び、風に吹かれて健康にめだか生活を送れるのじゃないか、と私が思っているにすぎない。
けれど、今年は寒い。人間の判断だから迷惑なだけかもしれないが、この時期に外から室内にいれたのは初めてだ。



暦をみると、いまは“水沢腹堅 すいたくふっけん ━ さわみずこおりつめる”の季節とある。
それに続いて“鶏始乳 にわとりはじめてにゅうす ━ 鶏が卵を産み始める”とある。
まだ大寒の末だけどこれをすぎると立春だよ。春の芽生えはもうすぐだよ、と暦は語る。


ああ、なるほどー と思い当たった。
おととい、おなじみきりちゃんと源次郎クンが来て

kg-dance.jpg

クックルー クックルーと鳴きながらお互いその場でくるくる回ったり絡んだりしていたので、エッ恋の季節?早くない?とポカンとしたのだが、季節のうつろいをかれらは敏感に察知し、暦はしっかり予告していたわけだ。

kirigen3_jan.2017.jpg

おぉ、きりちゃん積極的。灰色の背中に黒ライン2本おでこの白差し毛は源次郎、なされるがまま😃
観察の結果、この夫婦はかかあ天下である。

genjiro2_.jpg
この子は動きになんか愛嬌があってね 



そういえば季節の猫の恋歌がきこえてこない。近頃はめっきり外で猫をみていないことに気づく。
みな家のなかで大切にされているのだろうか。


恋猫の恋する猫で押し通す    永田耕衣





posted by そら猫@あやまろ工房 at 18:48| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446394268
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック