sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2016年10月15日

柿くへば ノーベル賞が ボブ・ディラン


伊勢神宮近くでとれた蓮台寺柿をいただいた。


rendai-ji kaki.jpg



完熟させたのを『づくし柿』と呼んで、一番おいしい食べ方とされているそうだ。
例年待ちきれなくて、あ、もうひといき置いてからでもよかったかな、というところでかぶりついていたが、今年は溜めにためて、これぞ『づくし柿』を食べられた。


rendai-ji kaki2.jpg



☕ ☕ ☕ ☕ ☕

今年のノーベル文学賞は、ボブ・ディラン氏 と発表があって、驚いた。
同姓同名の作家がいるのか? とまず思った。
(75歳)の表示に、そんな歳になっていたのかと一番びっくりしたところがそこだった。
自分のことは容易に棚に上げる。


文学賞を歌手が? という疑問符が飛びかったけれど、ボブ・ディランは自ら言葉を紡ぎ歌ってきた人だ。
さまざまな国の文化のなかで、詩人という存在は重要で尊敬されている、と浅学ながら思うのだ。
実在したかは確かでないといわれようが、なによりギリシャのホメロスは吟遊詩人として現代に伝わっているではないか。
吟遊詩人は、みずから詩曲を作り、各地を訪れて歌った人たちだ。


ものごころついたころには、ボブ・ディランはもう神格化されていたから、『風に吹かれて』は何べん聞いても遠くで響く歌だった。


近くで聴こえたのが『コーヒーもう一杯 ONE MORE CUP OF COFFEE』で、その曲欲しさにベストアルバムを買った。


久しぶりにと、レコードに針を落として聴いた。
海辺のカフカくんが『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』をサンスイだったかのスピーカーで聴いて別宇宙かと粛然とした、そういう音は、ウチのリーズナブルなスピーカーには望めない。が、十分アナログな音である。

 道行くためにコーヒーをもう一杯
 もう一杯のコーヒーをのんだら
 下の谷へおりるのだ
                  訳:片桐ユズル


このフレーズはずっと、今でも折にふれては自分に向けてつぶやく。


ストックホルムAFP=時事 10月14日21時10分配信
 ノーベル文学賞発表から丸一日経つもディラン氏本人と直接連絡がとれていない

読んでニヤリとしてしまった。



co1.jpg
コーヒーもう一杯





posted by そら猫@あやまろ工房 at 10:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442819359
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック