sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2016年06月14日

ベランダ物語 雛が孵った!

13日朝の5時頃のこと

雨が降っていたので吹き込みよけにすだれをたらしてやろうと、ベランダに出てちょっといじって下を見ると、きりちゃんの座り方が縦に長くなっている。
最近は平たくぺったりしていたのでどうしたのかと目を凝らしたら、卵がはみ出していた。

kiri_0613_asa.jpg

いつも慎重なきりちゃんなのに、どうしたのかなと思った。


8時過ぎに羽ばたく音がしたので見れば、巣に親の姿がない。
そして・・・卵がなくなっている・・・

なにが起きたのか一瞬わからなくて、
土の色でまぎらわしいが、よくよく見ると、ヒナちゃんが二羽かすかに、うごいている 

fukatyokugo_06132016.jpg

すぐにきりちゃんは戻ってきて、雛を覆って座った。

hinawodaku_asa_06132016.jpg



10時20分 源次郎くん飛来。きりちゃんねぐらへ帰る。(本宅どこにあるんだろう?)


ふん♪ふん♪ふ〜ん♪ 
手すりから棚の鉢を踏んづけてめだか水槽のふちをつたってと、いつものルートで巣に近づいた源次郎くん、固まった。

gotaimen_06132016.jpg

源次郎「なに?これ・・・」
genjiro_06132016.jpg


hina_06132016.jpg


源次郎くんのとまどい
こうやって見つめてから、ヒナの隣に座って、またじっと見つめて考えて、やおら
gotaimen22_06132016.jpg

右の翼でやったから彼は右利きなのだろう。

ヒナはむにゅむにゅ動いた。

鳥は見込みのない雛を巣から落とす、育てるのは見込みのある子だけ、などという知識を昔どこかで仕入れていたので、それを目の前でやられたらやりきれないとそっと様子をうかがう野次馬は怯えた。
それとも、見慣れない変なのがいたから警戒してつついてみただけなのか?


genjirou-hina3_06132016.jpg
ヒナが源次郎くんの胸にすり寄っていった。

すると、前にちょっと進み出てヒナを胸の下に入れた。

hinawodaku-gen2_06132016.jpg
ヒナを胸の下にすっぽりと抱く



genjirou-hina2_06132016.jpg


お昼頃
kyuuji_06132016.jpg
ヒナ二羽、お父さんからかの有名な高たんぱくピジョンミルクのお食事をもらっている


午後3時過ぎると交代のきりちゃんがやってきた。

鳩の一家
family_06132016.jpg
「クックルー クックルー」と低い鳴き声を交わす。
二羽の会話を初めて聞いた。


okaasantoissho_06132016.jpg
ヒナちゃんはみだしてるけど、心配ないから

夜はおかあさんといっしょ
最高級の羽毛掛け布団だね
hinawodaku_yuu_06132016.jpg



水無月13日 早朝 ハトの雛が二羽無事孵化。

7つのめだか水槽の水面には、全めだか総出かというほどに皆々ぷかぷか泳ぎ出ていた。
medaka_06132016.jpg


あさざが並んで咲いていた。
asaza_06122016.jpg



ちいさな二つの命を迎えて ベランダの住人たちがお祝いをしているようだ









posted by そら猫@あやまろ工房 at 23:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック