sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2016年06月05日

ベランダ物語 鳩のお宿

関東も梅雨入りした。

先週、夜に雨が降ったことがあり、そのときベランダで雨はしのげるだろうが吹き込むこともあるだろうと、巣のある一角にちょっとした雨よけを設えた。
雨に濡れてもじっと卵を抱く姿を想像したら、何かしてやりたいと落ち着かなくなって、ベランダにあったガラクタで急ごしらえした。

ameyoke.jpg

親鳩がめだか水槽経由で床に降りたときには、鉢植えをすり抜けながら巣によじ登っている。
すぐそばの鉢が乾ききっていたのでペットボトルで水をやったが、抱卵中は顔先10cmにボトルが近づいても微動だにしなかった。さすがだと感心した。
その姿にこちらが甘えて、また同じ鉢にボトルで水をやったら、わずかに頭を後ろに引いた。
これは私がいけない。平謝りに謝った。親鳩は卵を守ろうと命懸けだったんだよ、この瞬間。


イソップ物語に
「あなた方にとっては遊びでも、私にとっては死を意味する」
石を投げる子供に向かって蛙がいった。というおはなしがあったはずだ。



oya bato.jpg
おかあさん
胸の乱れた羽の下に卵を抱く。座ったとき卵がはみ出していると、スッと嘴で上手に羽の下にかき寄せる。


tamago daku gen.jpg
おとうさん
胸の羽を広げたぶん脇にはみ出している。
あれ? ちょっと卵見えてません?


genjiro_kun.jpg
源次郎 今日は11時にようやく来るし そろそろ交代時刻かなという頃にはそわそわ落ち着かなくなるし 交代?ちょーっと待っててねー ときりちゃんにフェイントくらって飛び去られ しぶしぶ卵の上に戻ってすわり直す。

しっかりかあさん のんきなとうさん



posted by そら猫@あやまろ工房 at 17:30| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438653123
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック