sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2016年05月28日

ベランダ物語 鳩は二度ベルを鳴らす

鳩のことを調べた。

 その壱 一回に二個の卵を産み育てる

  
ふーん、うちのベランダ組は1個か...


朝、ちらと見て親鳥がいないので大丈夫かいと見に行ったら、2個に増えていた・・・

<朝>
tamagoga2.jpg

すぐに戻ってきたきりちゃん表情ひとつかえず抱卵再開した。
一夜明けて卵が増えたというのに、今日はちっとも源次郎くんが現われない。なんだろう、忘れちまったのかな、どこふらついてるんだろう、事故にでも遭ったかな、と人間はやきもきする。


 昔のことだけど、イワトビペンギンのドキュメンタリーを観た。
仲間と食糧調達に行ったお父さんペンギンが、帰りにトドだったかに襲われて怪我をし血を流しながら、待っている家族のもとへ戻ろうとヨタヨタと岩を登ってゆく。励ますようにかわりばんこに仲間が近寄ってくる。けれど、だんだんお父さんの動きは鈍くなり立ち止まって、目を閉じた。
 カメラマン大嫌いだ! 助けてやったっていいじゃないか! ちっこいペンギン一羽ぐらい助けたってなんのバランスが崩れるもんか! 
びーびー泣きながらテレビに向かって怒り狂った。画面に向かって作り手にあんなに怒った記憶は他にない。
いまだにイワトビペンギンを見るとあのお父さんの姿がよみがえって胸がいっぱいになる。

動物もののドキュメンタリーはね、一所懸命に生きている姿みると泣いちゃうから、あまりみたくない。
このあいだなんかタコが産卵を終えて、役目は終わったと静かに死を迎える姿に涙。
もうね故郷を目指す鮭に涙、産卵を終え命尽きて川に漂う姿に涙だもの。
それでいてスモークサーモンに舌なめずりしてるんだから、人間は情けない勝手なものと重々承知。生きている業(ごう)としかいえない。


お昼前に源次郎くん登場して抱卵担当する。
なのだが、落ち着かない子だ。何度もすぐ巣を離れる。
その隙に撮影。

卵の位置変えています。なんと、小さな巣材がささやかに増えています。この細い茎、葉っぱ、昨日は無かったもんね。ちょっと運んでいたか。で、朝よりも増えている。

<昼>
tamagoga2pm.jpg


源次郎くん帰ってきました。5cmぐらいの細い茎をくわえて手すりに降りるや小走りに巣に向かいます。
落ち着きが無いなんていってごめんなさい。巣材を集めていたんだね。

ganbarugen.jpg

でもさ、やっぱり巣を作ってから卵産んでもらおうね。



調べてみました。
 その弐 産卵後10日ぐらいは卵を置いて留守にすることがけっこうあるようだ

#######

それと、卵いただいちゃう?なんぞと不埒なことを言ってはいけない。

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」というのがあって、ひな、卵、親鳥の駆除は鳥獣保護法の対象になる。
駆除をするには捕獲しなければならない。捕獲は禁止されている。
捕獲するには役所に申請許可をとらないとならない。
こっそり野生の鳥獣に手を出すと、懲役一年以下という罰則があるのだ。

でも法律って解釈しだいで抜け穴だらけなんだな。
ある種の言葉遊びみたいだとも思った。

#######


おやすみなさい ベランダの親子たち




posted by そら猫@あやまろ工房 at 20:42| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック