sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2016年05月27日

ベランダ物語 鳩卵を産む

つがいの鳩が朝早くから来て、ベランダで時間を過ごしてはお昼ごろに帰って行くということが続いていた。
なんとなく源次郎くんときりちゃんと呼ぶようになった。

一昨日はきりちゃんが夕方になっても帰らないから、泊まっていくかい?なんて言っていたら、朝になってもプランターに座っていたので「お泊りしたの〜」と明るく声をかけたのだが、、、

hato_kiri.jpg

7時前に源次郎くんがやって来てうろうろし、いつのまにか二羽ともどこかへ飛び去ったので、めだか水槽に水追加、餌やり植物水やりと、いつものベランダ作業を始めてふとプランターをのぞきこんだら卵!卵があるではないですか!


時刻8時半
hato_tamago2.jpg

親がいない、冷えちゃう、どうするどうする、と人間がうろたえたところでなにも役に立たない、なにも起こらない。
吹きっさらしのむき出し。
こんなんでいいのか?ペンギンが卵を産んだら飼育員さん大忙しだぞ、といったって飼育しているんじゃないし勝手に産んでったんだし、どうすればいいのさ。

ウズラの卵ぐらいの大きさだ。採って食べ…?そんな趣味はない! なにを考えているんだ。

あるがままになるがままに・・・Let it be...
え?今はLet it go ? 知るかそんなの。


10時頃に見たら、眉間に白差毛の源次郎くんが抱卵していた。

hato_gen.jpg

神妙にかしこまって微動だにしない。微笑ましい。

外出して夕方に帰って見たら、きりちゃんが交代していた。
居住まいが落ち着いていてなんとなくゆったりしているし、年上女房かもしれない。


抱卵交代すると、ベランダにあった枯葉をくわえて、とっとことっとこプランターに運んでみたり、なんか細い10cmくらいの茎みたいなのをくわえて文字通り飛んで帰ってきたりして、それなりに一所懸命な源次郎くんなんだけれど、彼の巣材集めする姿はそれしか見ていない。他意なく忘れてるだけなのかもしれない。

お前さん順序違うだろう、卵は巣を作ってから産むんじゃないのかい!😵 と突っ込みをいれたけれど、首を伸ばした後姿の丸っこい頭や背中のラインから見るに、まだ若い子のような気がする。


鳩の習性では、夕方から朝は雌が、昼間は雄が抱卵するそうだ。
そーっと様子をうかがうと、その通り交代しているから可愛いものだ。

だけど、初日朝の2時間あまりの保護者なし状態は、気になる。卵本体は大丈夫なのか。
彼らの本能はOKを出しているということなのか? 不思議がいっぱい。






posted by そら猫@あやまろ工房 at 22:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438340530
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック