sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2016年05月01日

めだか物語 わらわらの季節

朝、窓側の丸水槽で水草にのっかって「し」の字になっている子がいた。
めずらしい格好だから写真に撮ろうとよく見たら、卵を付けていた。

medaka_sanran.jpg

まわりの水草にもちらほら卵が付いていたが、時間がたつとほとんど白く濁ってしまった。


好い天気なのでベランダでプランターに大葉の種を蒔いていると、各水槽にめだか達がぷかぷか浮いてきた。

住人4匹かと思っていたところに12匹もいるではないか! 
他の水槽も、えらいにぎやかじゃありませんか 

おまえたちこんなにいたのかー! というのが正直な感想で、寒い時期をなんと上手にひっそりと身を潜め生き延びてきたのか、生きる知恵が具わっているんだねぇ すごいねぇ〜と頭をなでて褒めてやりたくなる。

覗くと、わーっと散った。
かれらの集会をじゃましないよう、しずかにしていよう。

大葉の種まきはおわった。育っておくれ。



以前クルツ君という子が、指先で頭を撫でさせてくれたものだ。
〈クルツ君〉
kruz.jpg






posted by そら猫@あやまろ工房 at 16:37| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック