sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2017年06月27日

べらんだ日和 ちび若丸だよ

鳩の一家がベランダで子育てをしている。


5月29日生まれの ちび若丸 
0624chibiwaka2017.jpg

おチビちゃんと呼んでいたが、掃除のため近づいた私の手を、小さい翼でファサッと払った野生の姿に惚れ惚れした。
立ち姿がなかなか凛々しい。ちょっと若武者風に呼んで、ちび若丸。
でもまだちびだから、「おとうちゃ〜ん」とすばやくちょこちょこ駆ける姿がなんとも可愛らしい。

ちかごろは巣立ちの準備に入って、源次郎父さんがしきりに、つき離したり見守ったりと躾をしている。

ちょっと離れた高いところからグーグーグーと呼びかけると、ちびは床を走ってそちらへ行くが、まだ飛び上がれないから下でうろうろするばかり。
その様子をうかがう父さん
0625tohsan2-2017.jpg

あっちで声がするのに、どうしたらいいんだろう、の ちび若
0625chibiwaka3-2017.jpg




ちび若日記

6月16日
めだかのえさやりで近づいた私に警戒して、初めて立ち上がった。
0616chibiwaka2-2017.jpg 
巣の中をうろうろ歩いてみた。

いつのまにか、巣の外にいた。推定━おっこちた
0616chibiwaka2017.jpg 
キョロキョロとちょっと冒険してみる。

棚の下の物陰に。
跳び上がれないので巣にもどれない。今夜はここで過ごそう
0616chibiwaka3-2017.jpg



その朝は、二期目の卵の数が、鳩の定番2個に増えていた
0616tamago2-2017.jpg

巣を覗き込んであらァと驚いて振り向けば、小春ちゃんが珍しく手すりからじっとこちらをみている。ゆっくり顔を見合わせるのはようやく二度目だ。
小春ちゃんの目の上、人なら眉のあたりが窪んでいるではないか。
あー、卵を産むのも大仕事だよねぇと労うと、うつむきがちにちょっと横を向いた。



6月17日
一夜明けて、ちびは元の巣の背の高い鉢の下にはりついていた。
ともかく生きていてほっとした。

卵が2個になったことで両親が抱卵に集中するあまり、ちびは育児放棄されるんじゃないかと不安になる。
鳩って何考えてるだ、とやきもきするが、調べたら育児中に産卵というのはけっこうあるそうだ。 

どうやら、給餌は源次郎父さんが専任であたるようだ。小春母さんは交代でやってくるとひたすら卵を抱き、ちびに近づくことなく去って行く。


ベランダを探検して小さいながらも逞しく、棚の下に鉢だのお皿だのが転がっている隙間に身を潜める場所を確保していた。
0617toride2017.jpg
ちび若丸の隠し砦だ。


チーチー鳴き声が聞こえるのに姿がない! 
父さんはベランダを右往左往していた。空になった巣の前へ行っては思案顔、卵のある巣の手前まで戻ってはふと考えて引き返し、どこにいるんだ出ておいでと、御用済みのシールドライトが立てかけてある隠し砦の前でオロオロしている。
うおォ!? ここか? と覗き込んで砦に入っていこうとしても、体が大きいから先に進めない。あげく首をすくめて退散する。
なんだい、ちび若丸ったら立て籠もって反撃しているのか? 
『難攻不落のちび若丸よ!』。。。きみ、なんかちょっとちがうような
ごはんの時間じゃないか。反抗期かい。

するうち、ちび若が飛び出してきて、めでたくごはんタイム。

状況が見えている野次馬からしたら、オロオロ父さんがなんだか人間の親の姿に重なって、しみじみと愛おしくなっちまったよ源次郎父さん。



6月18日
ちびの隠し砦を大きく隠しているシールドライトの向こうに、めだか水槽の蓋代わりにガムテープで補修しながら使っていたガラス板があったのを思い出し、危ないものは除けておこうとガサゴソやっていたら、抱卵で座っていた源次郎父さんが、目を丸くしてじーっと作業をみつめていた。
ちびが居る所になにするだ という顔だ。
ガラスを取り出して、はいこれで安心、とみたら父さん中腰になって身を乗り出していた。
子を思う親心。
これはかくかくしかじかで安全になりましたよ、とご説明申し上げたら、そうですか とようやく座った。



6月19日
隠し砦を覗いたら

皿入り息子
0619sarairimusuko2017.jpg

鳩ではあるが、思わず“ねぎ”を思い浮かべたら、間違いなく日本人である。



6月21日
風雨荒れる
風に翻弄されたすだれに当たって棚の鉢植えが落ちた。
せめて多少の雨よけになればと思ったが、かえって危険かと巻き上げに外に出たら、源次郎父さんが巣から出てそちらへ行こうとしていた。

ちびの隠し砦の脇に落ちたので、心配したようだ。
鉢は片付けすだれを巻き上げて一応の危険物を除いたら、父さんは卵のもとに戻った。
吹き込む雨の滴を背中に受けながらしっかり抱いている。


びしょ濡れになりながら夕方やってきた母さん 
0621amekaze2-2017.jpg

雨が横から吹き込む

試練だ 耐えろ ちび若丸
0621amekaze2017.jpg



6月22日
元の巣に登れるようになったのだ
0622chibiwaka2017.jpg


ちびはお父さん子
0622oyako2017.jpg
そうなるよね。
ごはんはいつもお父さんからもらっているし、
母さんは卵にかかりきりで、珍しく近くに来たからといっても相手をしてくれない、すぐに飛んでいってしまうし



6月23日
ちび若は身を隠すのが上手だ。
どこにいる? と探し回り、端の隙間から落ちたかと下を覗き込むというのを繰り返す。
だいぶ大きな羽ばたきができるようになってきたけれど、なにしろまだ翼が未完成だから。
ベッドの下にちびの糞(判別容易)が10個ほどコロコロしていたが、いつのまにか入り込んでいたんだね。
いつでもおいで。

0623mofu2017.jpg



6月24日
ついばむことが出来るようになった。めだか水槽の水草をつついてみた。

父さん(左)がみている
0624oyako2017.jpg



6月25日
縁にのれるよ! (手前がちび若)
0625noreta2017.jpg


初心者につき 向きを変えると尾羽が水浸し
0625chibiwaka2-2017.jpg



6月26日

母さんと
0626hahako2017.jpg


父さんと
0626oyako2017.jpg




おお、おでこに白い差毛が
0626chibiwakamaru2017.jpg




:****************************:

お ま け


隠し砦のちび若丸
170619_1605~02.jpg









posted by そら猫@あやまろ工房 at 00:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

べらんだ日和 また卵が

大きくなぁれ


ちびちゃん、生まれて10日目で夜は一人で過ごすようになって、体を寄せ合う相方がいなくて寒くないかと心配したけれど、幸い天候が崩れることなく無事に育っている。
hinachan.jpg

二日遅れで生まれた卵は小さくて、一目見てこれは無理かもと思っていたが、ちびちゃんが孵ったころ、親鳥も見切りをつけて抱かなくなっていた。生き残ったものが生きていく。


ちびちゃんの脇の水槽では毎日ひとつずつ、あさざが咲いている
asaza06_2017.jpg



hinachan06142017.jpg
翼の先に黒いラインが出てきた。うん、父ちゃんと母ちゃんの子だ。




で、今朝なんだけれど、なんですか、これは!
newtamago06142017.jpg


ちびちゃんのいる鉢はベランダの向かって左にある。
その反対の右にある鉢に新しく卵が!!・・・


ちびちゃんが給餌のときチーチー鳴くようになってから、両親そろってやってきては片方が給餌片方が周囲の警戒に立つという体制をとっていて、野生の子育てに感心していた。

母さん給餌中
nma-2017.jpg


父さん警戒中
keibi2017.jpg


そろってわが子の警備にあたる
oyahato2017.jpg


昨日は両親がいつもより頻繁に、かわるがわる物静かにファササ、パタパタと出入りしていた。ひなちゃんの見守りにきているとばかり思っていたのだが。

おーい、子育て中にもうひとつ巣を作ってそっちでも卵産んで、同時進行で育てるっていうのありなのかい?

とてもびっくりしているんだけど

それにしてもいつのまにかきれいな巣を作ったものだね

巣作り上手になったお父さん 抱卵中
otohsan06142017.jpg


ベランダの真ん中になんとも懐かしい洗濯ばさみがころがっていたけれど どこから来た?
sentakubasami.jpg

手袋に続く鳩のおみやげかな 
 お気遣いなく━




posted by そら猫@あやまろ工房 at 17:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

べらんだ日和 こんにちは雛ちゃん


5月29日に一羽生まれました。鳩の雛ちゃん。
hina_tanjou_05292017.jpg



おとうさんと一緒
oyako_06032017.jpg



金色のうぶ毛で、小さくてうにゅうにゅと動いていたのが、ごはんをしっかりもらって、ぽってりした黒っぽい体になってきた。大きさは、一週間経ってただいま鶏卵にオリーブの実を乗っけたぐらい。


生まれた日、夕方から抱卵保温担当のお母さんがやって来た。その後から交代したお父さんが飛んできて私の視界からはずれるように降りて姿は見せなかった。離れて見守っていたのだろう。

お母さんはまずゆっくり巣を覗き込むと、雛が出てきた殻の片割れを嘴にくわえて南の方へ飛んで行った。
どこかへ片付けてきたようで手ぶら、いや口ぶらで戻ってきた。
そのあと雛と卵をいつものように抱いた。


殻について


この殻は交代のときに、お父さんが片付けたか。
kara_2_2017.jpg


こちらをお母さんが片付けに行ったのを目撃。
kara2017.jpg

殻の割れ方が、きれいに一周した痕になっている。親が主導で割ったかもしれない。まるで職人技。


引きつづき親鳩は、雛を育てながらもう一つの小さい卵を温めている
tamago_hina2017.jpg
・・・はみだしてるね ・・・


不在時にそーっと雛の写真を撮りに行ったら、音もなく戻ってきていた源次郎に、後ろから
クルックックー クルックックー 
 
😠
と大声でどやされて、ゴメンナサイと後じさりしながら退散した。



邪魔者を追い払った父さんの勇姿
batabata2017.jpg


ひたすら子育てにいそしむお母さん
koharu.jpg





posted by そら猫@あやまろ工房 at 07:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花鳥風月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする