sared.gif
 あやまろ工房

『絵のない日記』〜そら猫通信

しのぶべき人もなき身はある時にあはれあはれと言いやおかまし  和泉式部

2016年04月22日

ねこの砂糖壷 修復完了

縞猫の砂糖壷。
コーヒー用にきび砂糖を入れてPCの作業台に常備している。

タオルを手にして脇を通り過ぎようとしたら、耳に引っ掛けて頭が落下、みごとに割れた。
neko_atama1.jpg


先方は忘れてしまっただろうが、もう何十年も前に甥っ子たちが贈ってくれたもので、一度落っことしてやはり頭が割れたけれど、軽傷だったのでちょいちょいっとアロンアルファ登場でしのいだ。
しかし、今回のこれは・・・

しばし呆然ののち、しかし、拾い集めたね。
かけらを指で弄っているうち、なんとかなるかと思ったね。
アロンアルファ登場。


どうだ!
neko_atama.jpg



復活! そう復活するのだ!  Aufersteh'n, ja aufersteh'n
fukkatsu.jpg


neko_satoutsubo.jpg

というわけで日々、これまでとかわりなくミルクと砂糖をたっぷりいれたコーヒーをいつもの手順でいつものように飲んでいる。
いつもとかわりないという幸福






おなじく不注意で落っことして割ったメダカどんぶりは、さすがに修復というわけにはいかなかったものでずっとグジグジ悔やんでいた。今はまぼろしの・・・
medakadon3.jpg



が、泳ぐメダカとお食事をする楽しさが忘れられず、めだかのどんぶりを探し続けていた。


みつけた。


medaka_don.jpg
外側に7尾。

medaka_don2.jpg
食べ終ると姿を現す子がいて、内側に3尾。

総勢10尾。かわいい。

めだか水槽を覗いてここには5尾いる、と思うとじつは6尾いる。
この水槽は7尾いるのか、いやもう1尾いた、みんなで8尾か。
というふうに、じつはもう1尾隠れているんだよという経験を重ねて“めだかの法則 プラス1いる”をみつけた。

このどんぶりの住人は10尾。









posted by そら猫@あやまろ工房 at 16:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする